uhlsport ウールシュポルト

小島伸幸氏特別インタビュー

1|5次のページへ≫
元日本代表ゴールキーパー 小島伸幸氏 特別インタビュー TOPへ


サポートフレーム




— 前回も伺いましたが、ボールをキャッチするときは親指、人差し指、小指の3本が重要なのですね。

小島氏:

そうです。


— では、中指と薬指の役割はどうでしょうか?

小島氏:

中指と薬指は一番大きな指なので、ボールを指先ではじき出すときに重要ですね。


— そういう意味ではこのような指にサポートフレームが内蔵されたものはどう思われますか。

小島氏:

このサポートフレームが入っている意味は、指1本でもボールに負けないでシュートコースを変えられるように、ということだと思います。私も使ったことがあります。




通常、試合では指にテーピングをしてボールに負けないように指の力をサポートしていましたが、サポートフレームが内蔵されていれば指にテープをしなくていいという意味ではすごくありがたいかもしれないですね。ただ、私が現役の頃に使ってみたモデルではパンチングの練習で何回もハードヒットをすると、ちょっと指の背が痛くなるというデメリットもありました。


— パンチングの時はフレームが指の背に当たってしまう、と。

小島氏:

緩いボールで、ふわっとしたクロスのボールをパンチングするというのであればさほど負担はかからないのですが、ハードショットをパンチングでいくとちょっと痛いかもしれないですね。


— このモデルは親指にもサポートフレームが入っています。今までは4本だけだったのですけれども、親指も含めて5本の指をサポートするものができました。

小島氏:

親指は怪我しやすいからね。


— 怪我をしているときの練習時のサポートとしてはどうでしょうか。

小島氏:

いいかもしれないですね。ただ、怪我しているところに直接当たって痛い人はちょっと避けた方がいいかもしれないですけれどもね。



2/5ページ:ロールフィンガーへ



1|5次のページへ≫
元日本代表ゴールキーパー 小島伸幸氏 特別インタビュー TOPへ