uhlsport ウールシュポルト

小島伸幸氏特別インタビュー

≪前のページへ|5|
元日本代表ゴールキーパー 小島伸幸氏 特別インタビュー TOPへ


グラブ選びのアドバイス



— 中高生や一般のプレーヤーがグラブを選ぶときのアドバイスをいただけますか?


小島氏:

一般の人だと予算の問題もありますから、プロのように一通りすべて揃えるというのは難しいと思いますけれども、最低限、どこでやって、どういう状況で使うことが多いか、自分が欲しているものはグリップ力なのか、耐久性なのかというところをはっきりさせるのが第一番ですかね。練習で使うのか、試合で使うのかということでもパームの選び方がありますし、それ以外に関してはデザインやフィンガーカット、カラー、手首の締め具合というところは各人の好みによりますね。

— 使用環境を考えながら、自分のフィーリングに合うものを選ぶと。

小島氏:

ですから、手首のストラップでも、幅広いストラップのものはフィット感がすごく得られるけれども、人によっては締まりすぎて気持ち悪いということもあるでしょうし、手首の前面にもパームがあるタイプだったらボールを押さえるときに手首も使いたいという希望があれば、そこまでパームがあるタイプがいいでしょうし、私はあまり関係ないという人は違うものでもいいでしょうし、そこは好みでしょうね。特にパームやバックハンドのカラーというのもね。あとは感覚的にカットやパームの厚みが自分にしっくりくるかどうか。人の手は10人いれば10人違うし、肉厚の手の人もいれば薄い手の人もいるし、やはり手が痛いから厚手のほうがいいという人もいれば、私みたいに厚いといつも練習しているものとは違うから薄手のほうがいいという人もいるし、それはもう本人の好みですね。使ってみないと分からないですけれどもね。

— 実際にプレーをされている方だと、今までの自分の経験とグラブのバリエーションからいろいろ判断できるでしょうけれども、例えば親御さんがお子さんに買ってあげるときに、何かポイントとして、例えばこういうところがあるよというものはありますか。


小島氏:

まずは、グラブは消耗品ですからお値段的なものが一番でしょうね。プロの選手みたいに1万数千円のものを数試合で取り替えていくということは、現実的にはなかなか難しいのかな。そういう意味では、今、お値段は5,000円前後でもいいグラブがあるし、非常に手は出しやすいのかなという気がします。その中で、そのグラブ自体を練習で使うのか、試合で使うのか。芝生のピッチで確実に試合ができるのであれば、1つパームがしっかりしたグリップ力に優れたものを試合用で1個置いておいて、トレーニングが土の場合には、消耗品ですからちょっと安めのところでグリップ力はないけれども、ちょっと耐久性があるという選び方をしてもいいと思います。常に練習グラウンドが芝生で「うちは天然芝でいいよ」というものであれば、こういうソフトパームでもかなりもちはいいです。試合と練習で同じパーム素材にしたり、同じ薄さにしたりというほうが違和感なくグラブを使っていられるということもありますね。うまくなればあまり関係ないのですけれども。あとは、そういう中で平たいものが好みなのか、手の形にフィットするほうがいいのか、それこそ本当に個人の感覚で手首の巻くところも入れやすいものがいいのか、フィットするほうがいいのか。そこはもう本当に自分自身のフィーリング的なものが大事になるので、一番いいのはお子さんを連れていって、ちょっと高いほうを見せないようにして「こっち」というね(笑)。今は4号、5号という子供向けのサイズも出ているのでいいと思います。

— 成長期のお子さんの場合、ある程度大きめのサイズを買っておくということについてはどうですか。

小島氏:

先ほど言ったように、グラブ消耗品ですから、大事に使っても必死に練習をするとそんなに長くはもたないと思います。2年は絶対にもたないと思いますから。

— そうすると、仮に成長期でも手のサイズに合ったものにする。

小島氏:

多少指先があまるくらいであれば構わないですけれども、少年が大人用のものを使っても技術的に使いこなせるかはどうですかね。

— それはそうですね。


小島氏:

靴もそうですけれども、やはり一番いいものは一番フィットしたものがいいですね。下手をすると、いいパフォーマンスをしようと思ったら採寸してというところなので。スパイクのようにもちがよければいいですけれどもね。

— 機能が上だからといって、その人にベストでないこともありますよね。

小島氏:

そうですね。とてもいいパームのものを使っても、練習環境が土でどろどろの雨が降ったグラウンドでやるとグリップ力がほぼ出ないですから、そういう意味では自分がどこでトレーニングをするか、どこで試合をするかと考えながらパームを選んだり、お店の人にご相談されると一番分かるのでいいと思います。予算と、こういう環境のところでやっていますというお店の人に伝えれば選びやすいのかなと思いますよ。



【Vol.4】GKグラブ装着前の準備&アフターケア に続く・・・]



≪前のページへ|5|
元日本代表ゴールキーパー 小島伸幸氏 特別インタビュー TOPへ


 元日本代表ゴールキーパー 小島伸幸氏特別インタビュー 目次|uhlsport|ウールシュポルト オフィシャルサイト