uhlsport ウールシュポルト

小島伸幸氏特別インタビュー

≪前のページへ|2|次のページへ≫
元日本代表ゴールキーパー 小島伸幸氏 特別インタビュー TOPへ


PKの時のメンタル



— GKにとってPKというのはメンタル的に厳しいものがあると思いますがいかがですか。


小島氏:

PKのときは相手が何を思っているか、ですよ。どっちに蹴るかということをキッカーが悟られたいのか、悟られたくないのか、そういうことを考えると面白いです。

— 裏か、裏の裏か。

小島氏:

PKを蹴る選手は大きく分けて3つのタイプに分かれます。まず、蹴る方向を決めているタイプの選手がいます。彼らとは一生懸命駆け引きをしてもしようがない。次に、助走とか目線とか、そういったものでGKをだまそうとするタイプ。それからガンバの遠藤選手のようにGKの動きを見て蹴ってくるタイプ。大体この3タイプに分かれますね。蹴る人がどのタイプなのかを判断するのが大事ですね。
例えば遠藤選手が出てきた時。彼はGKの動きを見てから蹴るので、こちらはぎりぎりまで動かないか、早く動いてそれをフェイントにして遠藤選手が蹴る方向を仕向ければいい。例えばゴン中山選手の場合は決め打ちなのでそこを一生懸命にいろいろな駆け引きをしても、フェイントをかけても無駄なわけですから、その蹴る方向がどちらかを見極める。総じてPKを蹴る手というのは、自分の蹴る方向をキーパーに悟られたいか、悟られたくないかのどちらかなのですよ。ということは、右側に蹴りたい人は右側に蹴りますよという助走をしますか? 5人蹴ってくる中でそういうタイプの選手が何人いるか。こっちに蹴りそうだなと思ったら、人間の心情的に逆に飛んでみたり、ですね。
ただ、それがもっと上のレベルにいくと、もっと高度な駆け引きがあります。「おれ、こっちに蹴るよ」としながら本当にこっちに蹴ってくる。キーパーを化かすためにやってくるとかですね。ですから、最後の数歩のところの蹴る方向が重要です。最初の助走で右に蹴るといったら右でない場合のほうが多いです。そういったことを考えると楽しいよ、ということです。

— 深いですね。

小島氏:

PKは9割決められて当たり前なのです。止めたらヒーローでしょう。ですから、そのためにちょっと観察をしてあげるのです。「こいつ、わざとらしくいっぱいこっちを見たな。ということはこっちかもね」といったことを観察することはとても大切ですね。


— 観察して、インプットして、その瞬間にどう判断するか。インプットをどう使うかというものですね。

小島氏:

PK合戦なら5回試せるのですよ。Jリーグで何年もやっていれば大体どんな性格かということも分かってくるのですが、海外のチームと対戦すると分からない部分があります。ということは、ポジションごとに見ていくと中盤の選手はうまい選手、テクニカルな選手が多いので、やはり相手の裏をとることはちょっと考えられますし、屈強なディフェンダータイプの選手は思いきり蹴ってくる可能性がイメージ的には少し高いのかな。でも、意外とそういうふりをしてインサイドで流し込んでくる人もいます。それも、ダッと入ってきて蹴るから、蹴られたい方向に読まれたいのか、読まれたくないのかというところでしょうね。一番たちが悪いのは、真ん中に蹴る選手ですね。



3/5ページ:世界のGKと日本のGKへ




≪前のページへ|2|次のページへ≫
元日本代表ゴールキーパー 小島伸幸氏 特別インタビュー TOPへ